AGN1500とAGN1200の違い

アトラスのAGN1200の発売が2013年8月、約9ヶ月後の2014年5月にAGN1500としてマイナーチェンジしました。

画面表示と音声の両方で距離を知らせてくれ、価格的にも手頃なGPSゴルフナビですが、AGN800>AGN810>AGN900>AGN1200と幾度かバージョンアップして改良されてきました。

今年2014年5月に発売されたAGN1500は、AGN1200からどこが改良されてきたのでしょうか。

本体仕様



画面表示



 

スペックと見るとAGN1500もAGN1200も変わりはありませんね。

では、何が改良されたのか?。

外見的には形状が少し変わったことと、音声ボタンが上になったこと。

ま、それは大した事は無いと思うのですが、AGN1500の一番の改良点は、2グリーン同時表示が可能になったことだと思います。

左右グリーン同時表示で間違いも減る?

レイアウト表示ナビの場合は間違いないのですけど、AGN1500のようなシンプルナビの場合、距離表示などの数字は見やすくなってますが、それが左グリーンか右グリーンかの表示が小さいのです。

小さな画面に多くの情報を表示するから致し方無いことなんですけどね。結構、左右グリーンを間違えて打ってしまう事ありました。

AGN1500では同一画面に左と右グリーンまでの距離を表示出来るようになりましたから、こういった間違えもなくなるでしょうね

細かな改良点

AGN800では左右グリーンを切り替える場合、一度メニューに戻って「グリーン変更」していましたが、AGN1200では改良を加え、ワンボタンで左右の切り替えができるようになりました。更にAGN1500では、ボタン操作しなくとも最初から左右グリーンまでの距離を表示出来るようになってきました。

こういった改良を見ていくと、開発者もユーザーの声を聞いているんだなと思いますね。

価格的には?

価格では、8月現在、AGN1200が8000円前後、AGN1500が10800円前後の実勢価格となっています。

新たに選ぶとしたらAGN1500を選ぶでしょうね。ただ、今は発売後間もないので、もう少し価格が下がったら検討しますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ