グリーンアンジュレーションを表示するGPSゴルフナビ

ゴルフナビ豆知識

グリーンアンジュレーションを表示できるGPSゴルフナビ

GPSゴルフナビのグリーンアンジュレーション機能

GPSゴルフナビを使ってみて、「全てのGPSゴルフナビに!」と思った機能に『グリーンアンジュレーション表示』があります。

グリーンの傾斜を高いほど赤、低いほど青と色分けして表示。登山の標高マップと同じようです。

グリーンアンジュレーションが判るメリットはパッティングよりもアプローチにあると思います。

グリーンのどのあたりに落とせば次のパットが優しくなるのか、ショートホールでの狙い目とかが明確になります。

よく、キャディさんが言う「グリーン奥が下っているから手前からね・・・」とか「傾斜で左に流れるから右狙いで・・」といったことが、初めてのコースでもナビを見ただけで判るのです。

グリーンアンジュレーション表示機能搭載モデル

2023年1月現在、日本ではグリーンアンジュレーションを表示するGPSゴルフナビはまだまだ少ないです。

Image モデル名 発売日
ザ・ゴルフウォッチA1-Ⅱ 2019年12月
Approach S62 2020年4月
ボイスキャディA2 2021年4月
ボイスキャディ T9 2022年4月
ゴルフバディ aim W12 2022年12月
ザ・ゴルフウォッチ A1-III 2023年1月

■ 2019年のザ・ゴルフウォッチA1-Ⅱはアンジュレーションを色で表示

THE GOLF WATCH A1-II

日本では、このモデルが、グリーンアンジュレーションを表示するGPSゴルフナビの最初だったように思います

■ ザ・ゴルフウォッチA1-Ⅲ

2023年1月、3代目となるザ・ゴルフウォッチA1-Ⅲが登場。前モデルのA1-Ⅱの機能を引き継ぎながら、タッチパネルや3点間距離計測、アクティブエッジなどの機能を搭載してきました

 

ザ・ゴルフウォッチA1-Ⅲ

グリーンのアンジュレーションに加え、グリーン周りのアンジュレーションも表示します。

ボイスキャディA2はザ・ゴルフウォッチA1-Ⅱ同様、アンジュレーションを色で表示

アクティブエッジにも対応しています。

ボイスキャディA2

ボイスキャディ T9 も同様にアンジュレーションを色で表示

更に起伏の強弱を矢印で表示します。

ボイスキャディT9

また、アクティブエッジにも対応しており、プレイヤーの位置に正対するように画面のグリーンが回転します。

■ ゴルフバディ aim W12 も色でグリーンアンジュレーションを表示

 

ゴルフバディ aim W12

こちらもアクティブエッジに対応しており、ピンを中心に縦横の十字線で確認ができます。

ガーミンでもグリーンアンジュレーション表示機能が登場

Approach S62

こちらは『Garmin Golf Membership』の会員になる必要があり、サブスクで月額1180円となっています。

2019年モデルのザ・ゴルフウォッチA1-Ⅱが登場した時、グリーンアンジュレーション表示機能は、かなり注目される機能だと思いましたね。
ただ、それ以降の3年間にグリーンアンジュレーションが搭載されたモデルの登場が少ないのは、なにかシステム的に難しいのかな?

各メーカー様に期待します

-ゴルフナビ豆知識
-