ファインキャディから『ファインキャディM500アルファ』が発売されました。

FineCaddie(ファインキャディ) M500 アルファ

2018年1月発売のファインキャディM500のバージョンアップモデルです。

約1年ぶりのリリースですが、M500アルファとなって何がバージョンアップしたのでしょうか。

以下はファインキャディM500とM500アルファの比較です。

M500 M500 アルファ
発売日 2018年1月 2019年3月
サイズ 38.7×51.1×11.0 38.7×51.1×11.0
重量 38g 38g
液晶サイズ 128×128 128×128
液晶タイプ モノクロLCD モノクロLCD
防水 IP54 IP54
連続使用時間 12時間 10時間
受信衛生 GPS/ゴルナス GPS/ゴルナス/みちびき
高低差計測
ドッグレッグビュー
グリーンビュー
飛距離計測
実勢価格 21,600 円前後 21,600 円前後

サイズや機能は全くというほど同じです。

では、何がグレードアップしたかというと・・

  • 3つの衛星を受信
  • 最新のゴルフ場データに更新

といったところですね。

M500ではGPSとグロナスの2つを受信していたのを、M500アルファでは更にみちびきを同時受信して高精度の計測が可能になりました。

M500/M500アルファでは、高低差計測も行いますから受信精度が高まることは正確な距離計測につながると思います。

博士博士

もう一つの「最新ゴルフ場データに更新」は、グレードアップというほどでも無いかなと・・・。
もともとスマホと同期することで、ゴルフ場データが自動更新される機種ですからね。

唯一グレードダウンといえるのがバッテリーでしょうか。GPSゴルフナビとしての連続使用時間がM500が10時間だったのがM500アルファでは8時間に減少しましたね。(いずれもメーカー発表)

博士博士

同じバッテリーで衛星受信数が増えたことが原因だと思います。

総合的に考えると、今回のグレードアップは「受信精度が上がった」ということでしょうかね。

価格もM500が21,600円前後から、M500アルファも同価格での販売のようです。

販売ショップもM500からM500アルファにシフトしてくるでしょうから、新しいM500アルファを選択される方がよいかと思います。