おもわず「なんじゃこりゃー??」と見てしまうコレ!
実はティーなんですね。

マジックティー

こんな感じ。確かにティーです。

放り投げても、置いても、いつも同じ高さ。凍ったティーグラウンドでもティーを刺さないで置くだけでティーショットです。

  • 毎回、ティーの高さがマチマチ
  • ティーをどこにしまったのか忘れてしまう
  • ポケットにティーを入れたくない

こんな悩みは、これで全て解決~・・らしいです。

たしかに、ティーショットが終わったら、ドライバーのシャフトに付けられるから無くす心配もないし、ポケットに入れなくとも大丈夫。
マジックティー

ティーの高さはいつも同じと、全て解決。

でも、やっぱりツッコミどころが一杯ありますね(笑)

毎回ティーの高さが同じって・・・ ショットによって高さ変えますよね。打ち出しを低くしたいとか。
高さが40mmと50mmの2タイプだから、ショートホールは無理ですね。ドライバーのティーショットだけです。

ポケットに入れる必要は無いのは良い所? でも、最近はティーホルダーがついているパンツ履いているから大丈夫かな。

形状から、耐久性はどうかな。いつもジャストミートしている人はいいけど、普通のティーでもしょっちゅう折れたりする人でも大丈夫なのでしょうか。

たしかにこんなティーは見たことないから話のタネにはなりそうですね。

ただ、価格がね。ちょっと高い思うのですが、コンペの景品としてならガマンもできるかも。