ザ・ゴルフウォッチ ノルムとノムル2の違い

ザ・ゴルフウォッチ ノルム2 NORM Ⅱが7月に発売されました。

前モデルのザ・ゴルフウォッチ ノルムの発売が2019年の5月。約1年ぶりのモデルチェンジで期待が持てますが、はたしてどこが変わったのでしょうか。

博士博士

結論をいうと、機能や外観などの目立った変更は無いようなんですね。
マニュアルを見比べてみても殆ど同じように思われます。

ザ・ゴルフウォッチノルムとノルム2の比較表

とはいえ、カタログ表記で比べているだけで、実際の使用感(ボタンの操作具合とか)などは改善されたようです

その一つ、液晶のサイズですが、ノルムでは1.33インチだったのが、ノルム2では1.28インチと、やや小さくなりました。その代わり解像度が128×128 ピクセルからノルム2では176×176 ピクセルと上がりました。ハッキリ見やすい画面になったのだと思います。

もう一つが連続使用時間が伸びたこと。GPSゴルフナビモード時、ノルムでは14時間。それでも腕時計型にしては長いほうですが、ノルム2では20時間と大幅に伸びました。
使い方によっては2日連続でも使えるかもしれない長さです。

気になる価格ですが、2020年8月現在、前モデルのノルムが15,000円前後。newモデルのノルム2が16,500円からと、1,500円ほどの差となっています。

博士博士

個人的には高低差機能やアクティブエッジ機能なども搭載して欲しいとは思うけど、そちらは同社のザ・ゴルフウォッチA1にまかせるといったところかな。ノルムは高機能機種をリーズナブルな価格でという位置づけになるのかな。

高低差計測機能が無いとはいえ、腕時計型でコースレイアウトを表示したりグリーン形状を表示したりと、多彩な機能を搭載しての価格ですから、かなりのコスパの高いモデルだと思います。