スイング計測器「SwingCaddie SC300」の使い方

目次

SC300の使い方

ボイスキャディのスイング計測器「SwingCaddie SC300」は主に練習場で使うことになると思うのですが、ボールの位置から後方に1.5~2メートルほどのスペースがあれば、どこでも計測が可能です。

使いかたといっても、電源を入れてボールの後方に立てかけるだけ。
クラブ選択や練習モードの変更などは、リモコンで操作ができます。

まずは、SC300の電源を入れてボール後方に立てかけてみます。

SC300の本体上にあるPowerボタンを長押しすると「Hi」といった表示とともに電源が入ります。

後は、ボールの後方1.5メートル~2メートルの位置に本体を立てかけるだけです。

博士
ボールと同じ高さに立てかけることになっているが、練習場のマットくらいなら問題ないようだぞ。

その後の操作は全てリモコンで行えます。
計測するクラブの設定などは本体のボタンでも出来ますが、リモコンを使った方が断然楽です。

博士
このリモコンではモード(Practiceモード/Targetモード)の切り替え、クラブ選択、ロフト設定、ターゲットの距離設定などが行えるから、SC300本体に触れることなく行えるぞ。

2つのモード

「Practice」モードと「Target」モードの2つがあるけど、どう違うの?
博士
「Practice」モードはショットのデータをそのまま表示。「Target」モードは打ちたい距離を設定して、その距離を目指して打つという、要するに練習モードだな。アプローチの練習に良いと思うぞ。

計測モードはPracticeモードTargetモードの2つ。練習中は、この2つのどちらかで計測を行います。

Practiceモードは、飛距離やスイングスピードなど、1ショットごとに計測するモード。
Targetモードは、ターゲットの距離を決めて、その距離を目指して打つモード。
どのくらい正確に打てたかゲーム感覚で練習できるモードです。

博士
どちらのモードでも、1球打つごとにデータを計測表示するぞ。

計測してみよう!

とりあえず、モードを「Practice」、使用するクラブをリモコンで設定してボールを打ってみます。

すると瞬時に飛距離(キャリー)やスイングスピードなど、今打ったスイングデータが表示されます。

博士
モニターのサイズが5.2インチと大きいので、2メートルくらい後方にあっても数値がよく見えます。スタンスをとったその場で確認が出来ます。

今度はモードを切り替えてTargetモードにしてみます。

アイアンを7番にして打つ距離(ターゲット)を140ヤードに設定してみます。

実際に打つと瞬時に計測データが表示されます。

また、スマホアプリと同期すると、ターゲットの距離にどれだけ忠実に打てたかのスコアが算出されます。

ショットの計測データについて

PracticeモードとTargetモードのどちらでも、計測したショットは全てSC300本体のメモリに記録されます。

そして、アプリとペアリングすると、本体からアプリにデータが転送され、各種の統計データが観覧できるようになるわけです。

ペアリングしている状態で計測をすると、本体とアプリに同時に記録されます。

したがって、練習場にはSC300本体だけ持っていって、あとでアプリと同期して各種統計データを観覧するといった使い方もできるわけです。

その他

リモコンの右下にある「Total/Carry」のボタンは何?
博士
飛距離の表示をキャリーを表示するか、キャリーとランをあわせたトータル飛距離を表示するかを切り替えます。
ショートアイアンなどはキャリー、ドライバーはやっぱりランも含めたトータル飛距離が良いと思うな。
ボリュームボタンがあるけど?
博士
ショットごとに「OOヤードです!」といった音声でも案内してくれますが、周りに迷惑になりそうなので音声は消しておいた方がよいかと・・・

以上、SC300の基本的な使い方でした。まだ、使っていない機能があるかもしれません。新たな機能が発見できたら随時追加していきますので参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる