3点間距離表示

GPSゴルフナビに必ずあってほしいと思う機能として『3点間距離表示』があります。

3点間距離表示というのは、現在地とレイアップ地点の距離と、レイアップ地点とグリーンまでの距離の2つを同時に表示する機能です。
打ちたい地点を決めれば、そこまでの距離と、そこからの残り距離を計算して表示してくれるわけです。

例えば、ドッグレッグのホールの場合、コーナーまでの距離はわかりますが、グリーンまでの距離はコーナーまで行かないとわかりません。

この場合、多くのGPSゴルフナビで表示するティーからグリーンまでの距離(390y)というのは何の役にも立たないことがわかりますね。
3点間距離表示機能がある機種なら、打つべき距離と残り距離が表示されるというわけです。

僕らアマチュアの場合、ティーショットを左右に曲げることも多いですよね。
左右の崖下から、あるいは隣ホールからフェアウェイに戻したい時などは、何ヤード打てばよいのかが一発でわかります。

画像のように、ティーショットを左の崖下(A)に打ち込んだ時、フェアウェイの(B)地点に戻すような場合です。
普通のGPSゴルフナビだとグリーンまでの距離を表示しますが、全く意味がありませんね。

現地点からの同心円表示するナビなら、大まかな距離は判るかもしれません。レーザー距離計でも崖下からでは測定不可能ですからね。

僕の場合、このようなシチュエーションはよくあることなので、3点間距離表示機能があるとホントたすかります。

3点間距離表示が出来るGPSゴルフナビ

GPSゴルフナビも様々な機能が搭載されてきましたが、3点間距離表示の機能があるGPSゴルフナビとなると以外と少ないものです。

理由としては、3点間の中間点を決めなければならないため、音声タイプではムリだし、距離だけ表示するシンプルタイプでも同様です。
やはり、コースレイアウトを表示するタイプでないと難しいところがあります。

2019年12月現在、3点間距離表示機能があるGPSゴルフナビは以下のような機種があります
(当サイトで紹介した機種で現在でも購入出来る機種)

img 機種名 発売日 タイプ
ボイスキャディ T6 2019年9月 腕時計型/レイアウト
ショットナビ W1-FW 2014年10月 腕時計型
ショットナビ Hug-FW 2019年10月 腕時計型
ショットナビ HuG Beyond 2020年7月 腕時計型/レイアウト
YGN5200 2017年5月 レイアウト表示タイプ
YGN6200 2018年8月 レイアウト表示タイプ
YGN7000 2019年10月 レイアウト表示タイプ
ガーミン Approach(アプローチ) S60 2017年10月 腕時計型/レイアウト
ガーミン Approach(アプローチ) S62 2020年4月 腕時計型/レイアウト
イーグルビジョン ネクスト EV-732 2017年12月 レイアウト表示タイプ

腕時計型が6機種とレイアウト表示タイプが4機種となっています。

各機種の主な機能
3点間距離表示のある機種の比較表

3点間距離の計測方法

3点間距離の計測方法も機種やタイプによって違いがあります。

タッチパネルの機種の場合はコースレイアウトが表示された画面をタッチするだけで現在地と選択位置、選択位置からグリーンまでの距離が表示されます。
(ボイスキャディ・ガーミン・ユピテルのYGN)

イーグルビジョン ネクストはボタン操作で任意の中間点を選択。
ショットナビの場合は任意の中間点にナビ本体を向けて選択。フェアウェイセンターを中間点とする3点間距離を表示します。

博士博士

タッチパネルの機種の場合、コースレイアウトから任意の地点をタップするだけなので、操作という面では簡単だと思います。ただし、「池の手前5ヤード地点」のような細かな位置をタップするのは難しいです。特に腕時計型の小さな画面では拡大表示出来てもなかなかうまく決まりませんよね。

左右のラフや林からフェアウェイに戻すといったシチュエーションは結構ありますからね。3点間距離表示機能はアマチュアほど欲しい機能だと思います。