ユピテル YGN6200とYGN7000の違いとは?

2019年10月にユピテルからYGN7000が発売されました。
前モデルのYGN6200が2018年8月発売ですから、約1年2ヶ月ぶりのバージョンアップです。

では、YGN7000となってどこがモデルチェンジしたのでしょうか。

前モデルのYGN6200の主な機能は

YGN6200の主な機能としては・・・

  • リアルグリーンビュー
  • OBライン表示
  • レイアップサークル
  • 現在地からの同心円表示
  • 簡単スコア入力
  • ハンデキャップ算出
  • 気圧センサーで高低差表示
  • 高低差計測のオン/オフを切り替え
  • 3点間距離表示
  • 2グリーン表示
  • オートホール検索・自動ホール移動
  • ピンポジション登録
  • 飛距離算出
  • YGN7000では、これらの機能は全て継承しています。

    YGN7000で新たに加わった点は3つ

    ■ みちびきL1S・ガリレオ対応

    ガリレオ測位衛星数が増加したことと、みちびきから配信される補強電波「みちびきL1s」に対応したこと。更に本機のアンテナが大きくなり、受信感度が向上したこと。

    ■ 高低差アジャスト機能が追加

    グリーン奥・センター・エッジ・高低差の4つを左右グリーン同時に表示するほか、高低差を考慮した「打つべき推奨距離」を表示

    ■ バッテリー容量の増加

    最大使用時間がYGN6200は24時間だったのが、YGN7000では最大31時間となり、2日連続使用でも耐えられる容量に。

    博士博士

    YGN7000で良くなった点はこの3つかな。もともとYGN6200は、多機能のGPSゴルフナビだったから、これ以上のバージョンアップ箇所は無いのかもしれないな。
    機能から見ると、このYGN7000がGPSゴルフナビの中でも一番の多機能機種となりそうだな。

    それじゃスペックの比較表を見てみよう

    ユピテル YGN6200とYGN7000の違いとは?

    違った点は外観とサイズ。

    博士博士

    YGN7000の方が若干大きくなったのだが、これはバッテリー容量の増加に伴うものだな。

    価格

    2019年10月現在、YGN6200は最安値で2万円前後。
    YGN7000は発売間もないこともあって、楽天やamazon・Yahooなど、通常価格の26,400円での販売です。

    博士博士

    約6000円の差は、GPS受信精度の向上と高低差アジャスト機能の追加、バッテリー容量の増加分かな。
    私なら多少高くともYGN7000の方を選ぶな。