ファインキャディのGPSゴルフナビで、現行販売されているのが「Mシリーズ」の3機種。

ファインキャディの腕時計型GPSゴルフナビを比較

「UPシリーズ」は在庫一掃セールなどでは、たまに見かけますが、ほとんどショップでは扱いが無いようです。

2016年モデルのM100も未だ販売されていますが、グレードアップされた「M100アルファ」の発売で徐々に扱いが無くなってくると思います。

今回は、現行の3機種を比較検討してみようと思います。

多彩な機能を持つファインキャディのMシリーズですが、3機種共通の主な機能は以下が挙げられます。

  • ドッグレグビュー
  • ハザード/バンカー情報
  • 飛距離計測
  • ピンポジション設定
  • ダイナミックグリーンビュー

GPSの利点を活かしたドッグレグビューや、ハザード/バンカーのエッジと奥までの距離表示、ダイナミックグリーンビューといった、他社のGPSゴルフナビには無かった機能が搭載されています。

3機種の機能比較表

モデル M100α M500 M300
サイズ W×H×D mm 37×50.5×10.5 38.7×51.5×11 8.7×51.5×11
重量 27g 38g 38g
ディスプレイ 128×128 128×128 128×128
液晶タイプ モノクロLCD モノクロLCD モノクロLCD
タイプ 腕時計型/クリップ 腕時計型 腕時計型
GPS仕様 みちびき/GPS/グロナス GPS/グロナス GPS/グロナス
高低差計測
音声案内
スマホ連携
飛距離計測
ハザード/バンカー計測
ピンポジション設定
グリーンビュー
ドッグレッグビュー
リストバンド交換
連続使用時間 12時間 12時間 12時間
防水 IP54 IP54 IP67
発売日 2018年8月 2018年1月 2017年4月

音声案内

腕時計型のGPSゴルフナビにしては珍しく音声案内が搭載されているのが、M100アルファのみ。前モデルのM100も音声案内が搭載されていたのですが、それを引き継いだ形になっています。

高低差計測

高低差計測が可能なのはM500で、気圧センサーで現在地からグリーンまでの高低差を計測します。

GPS

GPS仕様では、メーカーに問い合わせたところ、M500とM300が「GPSとグロナス」だったのが、M100アルファから「みちびき」を受信。そのため速度と正確性が増したそうです

装着方法

時計とクリップ型の2WAYの装着が出来るのがM100アルファです。
リストバンドから外して、バイザーやベルトなどに装着して音声案内型のGPSゴルフナビとして使えます。

そのリストバンドもM500M300では簡単に取り外しができて、交換が可能となっています。

スマホ連携

スマホと連携出来るのはM500のみで、専用アプリで最新のデータに更新しますから、いつでも最新データでのプレイが可能となります。

価格は?

気になる価格ですが、8月現在、M300が19,500円前後から、M500が21,500円前後から、M100アルファが18,500円前後から販売しているようです。

個人的には、コスパを考えて、1番あたらしいM100アルファに興味をそそられますが、高低差計測もほしいとなるとM500もいいかなとなりますね。

結局は、「高低差機能がほしい」「音声案内があれば・・・」と、あれもこれもとなるわけですから、ここは、自分に必要な機能は何か?と考えて決めるのが1番だと思います。