2019年モデルとして、『ショットナビ ネオ2EX』がリリースされました。

ショットナビ ネオ2 EX

前モデルのショットナビネオ2/ライトが2016年発売ですから実に3年ぶりのバージョンアップです。

シンプルタイプのGPSゴルフナビですが、人気もありロングセラーとなっています。

「ネオ」と名がつくように、初代の『Shot Navi Poket』が最初。のちにロングセラーとなった『Shot Navi Pocket NEO』が2009年に発売されました。

シンプル表示のGPSゴルフナビの代表格ともいえたナビです。表示もグリーンエッジ/センターまでの距離とハザードまでの距離という必要最低限の機能でした。

その後、2015年にグレードアップモデルとして『ショットナビ ネオ2』が発売されました。

約6年の歳月を経てかなりのグレードアップをして登場しました。

新たな機能としては

  • グリーンビュー機能
  • ハザードビュー機能
  • スコアカード機能
  • 音声案内
  • 海外コース対応

などが加わりました。

翌年の2016年には『ショットナビ ネオ2 lite』が発売されました。

ショットナビ ネオ2 の機能はそのままで、「音声案内」と「海外コース対応」の2つの機能を省いたLITE版として登場です。

そして今年2019年モデルとして『ショットナビ ネオ2EX』が発売されました。

ショットナビ ネオ2 EX

ネオ2としては約3年ぶりのリリースですが、モデルチェンジというよりはバージョンアップといったところでしょうか。

機能やサイズなどはショットナビネオ2から継承して、ほとんど同じです。

ショットナビネオ2 ショットナビネオ2EX
発売日 2015年11月 2019年5月
サイズ 49×80×18 49×80×18
重量 62g 62g
液晶サイズ 128×160 128×160
防水 IPX4 IPX4
グリーンビュー機能
ハザードビュー機能
スコア入力
音声案内
ドデカ表示
海外コース対応
高低差計測

ショットナビ ネオ2に高低差計測機能を追加しての登場とみて良いかと思います。
この機能も「競技モード」にすると高低差計測機能がオフになり、新ルールに対応したモデルとなっています。

価格も前バージョンからほとんど変わらないのは立派ですね。

ネオ2EXが12,960円位からの販売となりそうですから、この機種もロングセラーモデルとなりそうです。