SwingCaddie SC300をアプリとペアリングして出来ること

ボイスキャディの SwingCaddie SC300

ボイスキャディのスイング測定器「SwingCaddie SC300」(以下SC300)は、本体だけでも細かな計測がますが、専用のアプリとペアリングすることで、視覚的なショットの確認や過去のスイングデータの観覧、各種の設定などを行えます。

目次

専用アプリと連携

専用アプリ MySwingCaddie

Android用アプリ
■ GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.co.voicecaddie.sc300android&hl=ja

iphone用アプリ
■ AppStore
https://apps.apple.com/jp/app/my-swing-caddie/id1443688931

SC300とアプリのペアリング方法

SC300とアプリをペアリングするには、先に本体上部にあるボタンでSC300の電源を入れます。

次にアプリを起動してBluetooth接続を有効にします。

自動的にSC300を探してペアリングします。

博士
ペアリングする時に、アプリに入力したクラブの情報やユーザー情報などを同期するから、1分くらい時間がかかります。

アプリで出来ることは?

各種の設定

右上の歯車アイコンが「設定」ボタンです。

SC300の設定

タップすると各種の設定画面になります。

SC300の設定画面

設定項目はユーザー情報や使用クラブ、データの表示方法など、いくつもの項目がありますが、ユーザーが設定する項目は以下の3つで良いと思います。

  • クラブ
  • 単位
  • 動画とサウンド

設定方法はこちらの記事を参考にしてください。

アップデート

もうひとつ、アップデートアプリバージョンは、定期的に確認する方が良いと思います。(自動でアップデートの通知が来るかも。今のところ不明)

タップすると現在のバージョンと最新バージョンが確認できます。最新バージョンがあればアップデートしておきましょう。

SC300の操作

SC300をアプリとペアリングすると、リモコンと同様の操作がアプリからも行えるようになります。

モード変更やクラブ設定、ロフト変更などアプリ画面から操作が可能となります。

更に、ショットをすれば弾道を視覚的に表示します。

ショットデータ

SC300で計測したデータは全て本体メモリに保存されるようです。
アプリとペアリングしている時のショットデータは、アプリ側にも同時に保存されます。

ペアリングをしていない時のデータは、アプリとペアリングした時に自動的に取り込むようです。

博士
つまり、練習場ではC300とリモコンを持っていって、家に帰ってからアプリと同期してショットデータを取り込むということが可能なんだな。

統計情報の観覧

SC300で計測したショットデータは過去に遡って観覧することができます。
画面下にある「統計」アイコンをタップすると、SC300で過去に計測したデータが観覧出来ます。

番手ごと1球1球のデータとその平均が観覧可能で、データ項目は

日にち
飛距離
最長飛距離
スイングスピード
ボールスピード
打ち出し角度
ミート率
最高到達点
スピン

期間を指定して観覧

これらのデータが日にちを指定しても観覧できます。
画面中央にある2つの日にち(〇〇日~〇〇日)で期間を指定することも可能です。

ターゲットモードのスコア

統計データの画面からターゲット別統計を観覧できます。

表示したい番手の部分をタップすると、その番手のターゲット距離ごとのスコアデータが表示されます。

さらに、ターゲット距離の欄をタップすると、1打ごとの詳細なデータまで表示します。

以上、SC300とアプリをペアリングして出来る事をまとめましたが、もっと多くの機能がありそうです。引き続き、新たな発見がありましたら随時追加していこうと思います。

このページの画像はAndroidアプリ バージョン2.2.8での画像です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる