ボイスキャディの SwingCaddie SC300

専用アプリとペアリング

ボイスキャディのスイング測定器「SwingCaddie SC300」は電源を入れればそのまま使えるのですが、専用アプリと連携することで、視覚的なショットの確認や過去のスイングデータの観覧、各種の設定などを行えます。

専用アプリ MySwingCaddie
■ GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.co.voicecaddie.sc300android&hl=ja

■ AppStore
https://apps.apple.com/jp/app/my-swing-caddie/id1443688931

スマホやタブレットにアプリをインストールして、ログインIDやパスワードを設定すれば準備完了です。

SC300の電源を入れ、アプリを起動。BluetoothでアプリとSC300をペアリングします。

ペアリングをしていない状態だと、アプリ画面の右上にあるBluetoothマークが黒色になっているのでタップします。

sc300のペアリング

すぐにSC300を探知するのでタップするとアプリとSC300のペアリングが始まります。

アプリとSC300のペアリングが確認できればOKです。

初期設定

次に、より正確な計測のために、ユーザーの情報や設定項目をチェックしておきましょう。

まず、右上にある歯車の設定アイコンをタップします。

sc300の設定アイコン

設定画面から各種の設定を行うことができます。

設定画面の項目は以下です。

  • プロフィール編集
  • 単位およびサウンド設定
  • データ項目設定
  • クラブ設定
  • ファームウェアアップデート
  • ペアリングリセット
  • バージョン情報
  • ヘルプ/ユーザーガイド
  • ログアウト

最初に行っておきたい設定は『プロフィール編集』と『単位およびサウンド設定』『クラブ設定』の3項目。

プロフィール設定

まずは『プロフィール設定』をタップしてユーザー情報を入力しておきます。

sc300のプロフィール設定

性別やハンディキャップ、身長・体重などのデータを入力します。

単位およびサウンド設定

単位は計測データの数値単位を設定できます。

sc300の単位設定

左から、飛距離・ヘッドスピードやボールスピード・最高到達点の数値単位を設定できます。

日本では、一般的にヘッドスピードというと「m/s」だと思います。毎秒何メートルという単位です。プロのヘッドスピードが48とか50とかというのは、この単位ですね。

僕は飛距離はヤード、ヘッドスピード等は「m/s」、最高到達点(ボールの高さ)はメートルで表示したいので「yd/m/s/m」を設定しました。

サウンド設定では、SFX・UISound・BGMの3つのオン/オフと音量を設定できます。

sc300のサウンド設定

SFXはショット時の音、UISoundはタップ時などのアプリ操作音、BGMは練習中に流れる音声といったところです。
アプリ操作音は必要かと思いますが、あとの2つはお好みで。個人的には必要ないかと・・・

クラブ設定

ドライバーからユーティリティ、ウェッジまで、全てのクラブのメーカートクラブ名、ロフト角やライ角などを設定できます。

sc300のクラブ設定

ここは使用クラブを全て登録しておく方が良いと思います。一回設定するだけですからね。

博士博士

クラブの番手ごとのロフトだけかと思ったら、クラブのモデル名など、ピンポイントで登録出来るのには驚いたな

とりあえずは、上記の3つを設定しておけば充分だと思います。

その他の設定項目

データ項目設定

データ項目設定をタップすると以下の画面になります。

sc300のデータ項目設定

「各項目をタップしたまま・・・」とあるのですが、ここはちょっと意味がわかりません。スマホはAndroidですが、どのような機能なのか不明です。(2020年5月現在)
Iphoneのアプリだと違うのかもしれませんが・・・調査中ということで。

ファームウェアアップデート

ファームウェアのアップデートを行います。
sc300のファームウェアアップデート

ここは常に最新バージョンにアップデートしておきましょう。

ペアリングリセット

アプリとsc300のペアリングをリセットします。

バージョン情報

アプリのバージョン情報です。

sc300のアプリバージョン情報

これもファームウェア同様に、常に最新のバージョンにしておきましょう。

ヘルプ/ユーザーガイド

各機能や設定などのヘルプ、およびユーザーガイドです。
sc300のユーザーガイド

ログアウト

アプリをログアウトします。

まとめ

以上、設定画面の解説でした。
繰り返しになりますが、ユーザー情報とクラブ情報、計測データの数値単位、この3つを設定することをオススメします。

ここで設定した情報も、ペアリングすればSC300にもメモリがされるので、設定したデータを加味した計測が可能となります。

また、新たな発見がありましたらご紹介します。