スマホと連携できる腕時計型GPSゴルフナビ

2020年2月現在、スマホと連携できる腕時計型のGPSゴルフナビは以下の14機種。
※当サイトで紹介したGPSゴルフナビで今現在でも販売されている機種

Image メーカー 機種名 発売日
FineCaddie FineCaddie(ファインキャディ) M700 2019年7月
FineCaddie FineCaddie(ファインキャディ) M500 アルファ 2019年3月
MASA(マサ) ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱ 2019年12月
MASA(マサ) ザ・ゴルフウォッチ ノルム 2019年5月
MASA(マサ) ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ 2018年7月
Voice Caddie ボイスキャディ T6 2019年9月
ガーミン ガーミン Approach(アプローチ) S40 2019年5月
ガーミン ガーミン Approach(アプローチ) S60 2017年10月
ガーミン ガーミン Approach(アプローチ) S6J 2015年4月
ガーミン ガーミン Approach(アプローチ) S20J 2016年9月
ゴルフバディ スマートゴルフGPSウォッチ WTX PLUS 2018年7月
テクタイト ショットナビ Hug-FW 2019年10月
テクタイト ショットナビ HuG 2017年3月
朝日ゴルフ用品 イーグルビジョン watch ACE 2019年5月

GPSゴルフナビとスマホを連携すると何ができる?

スマホと連携して出来る機能は、機種によって様々ですが、主な連携時の機能は以下が思いつきます。

電話やSNSなどの着信通知

プレー中でも、スマホにかかってきた電話やメール、SNSなどの通知をGPSゴルフナビにお知らせする機能。大事な通知を見逃すこともなくなります。

GPSゴルフナビのデータ更新

面倒なコースデータの更新もスマホと連携で簡単になります。

GPSゴルフナビの機能をカバー

実はスマホと連携することの1番のメリットはこれじゃないかと思うのです。

ピンポジションの設定やプレーログなど、小さなGPSゴルフナビでは入力が困難な操作でも、スマホと連携することで、スマホ画面から行なうことが出来ます。
また、小さな画面のナビでは表示が見づらいコースレイアウトなどをスマホ画面で表示することも可能です。

プレー前のピンポジション設定はスマホで視覚的に出来ると便利です。
時計の小さなボタンでピンポジションを設定するのは、時間もかかりますし、非常に面倒です。その分、ショットやパターの練習をしたいもの。
スマホと連携できれば、スマホ画面から指ひとつで視覚的にピンポジションを設定できますからこの機能は必要だと思います。

メーカー別 スマホとの連携機能

朝日ゴルフ

朝日ゴルフ用品では、2019年5月発売の最新機種「イーグルビジョン watch ACE」の1機種。

img GPSゴルフナビ 発売日
イーグルビジョン watch ACE 2019年5月

専用アプリ「スマートフォンアプリEV PRO」と連携することで、スマホでピンポジション設定後、データをナビに転送したり、イーグルビジョン watch ACEで記録したラウンド中の履歴をスマホで管理・分析することが可能。

ボイスキャディ

ボイスキャディでは2019年9月発売の「ボイスキャディ T6」がスマホと連携が可能。

img GPSゴルフナビ 発売日
ボイスキャディ T6 2019年9月

専用アプリ「My Voice Caddie」と連携することで電話着信やSNS着信はもちろんのこと、最新のゴルフ場データの更新やラウンド記録、ゴルフ場のコースビューなどが可能。

フィットネスモードではジョギング・サイクリング・ウォーキングなどのデータ管理も可能。

ガーミン

ガーミンでスマホと連携出来る腕時計型GPSゴルフナビは以下の機種

GPSゴルフナビをスマホと同期することにより、電話やSMSなどの着信通知をナビで確認できます。

ショットした位置やクラブの番手、飛距離などを自動で記録しますから、ラウンド終了後にデータをGarmin Connectへアップロードすれば、自分のラウンドを振り返って確認することが可能です。

専用アプリ「Garmin Connect Mobile

ショットナビ

ショットナビではHugの2機種

img GPSゴルフナビ 発売日
ショットナビ HuG 2017年3月
ショットナビ HuG-FW 2019年10月

専用アプリ「GREENON」とペアリングすることによって、電話やSNSの着信通知はもちろんのこと、コースレイアウトの確認やピンポジションの登録が簡単に行えます。

MASA(マサ)

MASA(マサ)のグリーンオンシリーズでスマホと連動できる機種は以下の機種

専用アプリ「グリーンオン」とペアリングすることによって、スコア管理やショット履歴、当日のピン位置の設定やコースデータの更新など、ナビでは煩わしい操作もスマホから行えます

GPSログ

ジョギングやウォーキングなど、ザ・ゴルフウォッチで記録したGPSログデータを、アプリで詳しく参照したり分析が出来ます。

ゴルフバディ

GPSゴルフナビ 発売日
スマートゴルフGPSウォッチ WTX PLUS 2017年7月

専用アプリ「GOLFBUDDY Smart」とペアリングすることによって、電話の着信、受信メール、LINEなどのスマートフォンへ届く通知情報をお知らせします。。
更に、コースデータ更新や、ナビからスマホを探す機能もあり。

FineCaddie

専用アプリ「ファインキャディ」とペアリングすることによって全世界最新ゴルフ場情報がリアルタイムで自動更新できます。
新規のゴルフ場やリニューアルされたゴルフ場にも最新の情報で正確な距離をお知らせします。

最後に

スマホとペアリングが出来る機種の多くが腕時計型のGPSゴルフナビです。
ピンポジションの設定やスコア入力など、小さな腕時計型のGPSゴルフナビでは操作が困難な点を補っている点は便利だと思います。

電話やSNSの着信通知などは
「そんな大事な要件があるならゴルフなんかやらなければよいのに・・」
と言われそうですけどね。
ただ、そんな時でも急な用件や知らせが入ることもありますからね。無いよりはあったほうがよいかと思います。

僕が思うに、スマホとの連携で必要な機能といえば、腕時計型のGPSゴルフナビでは操作しずらい機能や見づらい表示をスマホ画面で行えることではないかと思います。

例えば、距離表示などの必要最低限の表示は時計の画面で、コースレイアウトなどはスマホの画面で行なうとか、ピンポジションの設定などはスマホで視覚的に入力してナビ本体に連携するとか。

新モデルなどを見ていると、以前に比べ、操作性や機能など考えた作りになってきているので、よく比較検討して自分にあったゴルフナビをさがしてみてください。