コースレイアウトを表示する腕時計型GPSゴルフナビ

コースレイアウトを表示する腕時計型GPSゴルフナビ

2019年8月現在、腕時計型のGPSゴルフナビながら画面にコースレイアウトを表示する機種です。

少し前までは腕時計型のGPSゴルフナビといえば、残り距離を表示するだけのシンプルな機種が多かったのですが、今やフルカラーでコースレイアウトも表示するようになってきました。

今回は、現在販売されている腕時計型GPSゴルフナビでコースレイアウトを表示する機種を比較検討してみます。

ガーミンのS6JとS60Jはコースビュー機能を搭載

ラウンド中いつでも、フルカラーディスプレーで対応のコースマップが確認できます。タッチパネルで拡大も可能。

また、コースマップをタッチすると、目的地までの距離、レイアップやドッグレッグ、バンカーなどのハザード情報も確認できます。

MASA(マサ)

MASAのザ・ゴルフウォッチ ノルムザ・ゴルフウォッチプレミアム2ザ・ゴルフウォッチA1のコースレイアウト機能は、コース図の上に、現在位置とそこからの同心円が表示されます。ハザードの位置も一目でわかるので、ホール攻略に大変役立ちます。

ゴルフバディ

ゴルフバディのスマートゴルフGPSウォッチ WTX PLUSは「ホールレイアウト画面」で表示。
プレーヤーの現在位置とパー4 およびパー5 のホールではレイアップ距離を同心円表示。レイアップ距離はピン位置から、100,150,200 ヤード(またはメーター)で表示されます。

ファインキャディ

ファインキャディのコースレイアウトは簡易的なものです。
ドッグレッグビュー機能でドッグレッグホールの曲がり角までの距離や角度などを表示しますが、先にあげたザ・ゴルフウォッチやガーミンのようなコースレイアウトとはまったく違ったものと考えた方が良いと思います。
「コースレイアウトを表示する腕時計型GPSゴルフナビ」というには微妙な感じですが一応ラインナップしてみました。

管理人のおすすめ

価格を考えなければガーミンの2機種に魅力を感じますが実際は2万円~2.5万円あたりが買いやすいでしょうね。
価格をを考えると

この2機種が良いと思います。
どちらも2018年モデルで、現役バリバリで販売しています。
2019年8月現在、ザ・ゴルフウォッチノルムが16,000前後、スマートゴルフGPSウォッチが25,000円前後ですからコスパは高い方だと思います。