ユピテル YGN6200

ユピテルのGPSゴルフナビ『YGN6200』が2018年8月に発売されました。
YGN6100のバージョンアップといったところでしょうか。

YGN6100の発売が2016年4月ですから、約2年ぶりに発売されたYGN6200はどのように変わったのでしょうか。

前モデルのYGN6100の主な機能としては・・・

  • ラクラクボタンの簡単操作
  • 気圧センサー搭載の高低差計測機能
  • タッチパネル(ロック機能付き)
  • 左右2グリーンを同時表示
  • 3点間の距離表示
  • レイアップサークル表示
  • OBラインを表示
  • ピンポジション設定
  • スコアカード機能
  • 同心円表示

など。

YGN6200では、これらの機能を全て継承しています。

では、YGN6100からYGN6200に変わった点はどういったところでしょうか。

仕様で変わった点は

サイズ 最大連続使用時間
YGN6200 59(W) 114(H) 17(D) / 127g 24時間
YGN6100 66(W) 124(H) 14(D) / 150g 36時間

この2点でしょうか。
サイズを小さくした分、バッテリーも小さくしたようです。
ただ、連続24時間であれば、2日連続のラウンドでも十分持ちそうです。

YGN6200に搭載された新たな機能としては以下の3つ

  • リアルグリーンビュー
  • 競技モード
  • みちびき対応

■ リアルグリーンビュー

従来のナビだと、グリーンエッジやセンターなどの距離は固定だったのが、YGN6200では現在位置から見た、グリーンのエッジやセンターまでの距離をリアルに表示します。
つまり、プレイヤーが移動すればグリーンもその位置に合わせて回転して、プレイヤーの位置からのグリーンエッジやセンターの距離を表示します。

■ 競技モード

高低差計測の表示をオフにする機能を搭載しました。
ローカルルールでGPSゴルフナビの使用を許されていても、高低差計測の出来るナビの使用は出来ません。YGN6200は、高低差表示をオフにする「競技モード」を搭載しています。これにより、ローカルルールで計測器使用が許されている競技会などでも、使用が可能になります。

博士博士

プライベートのゴルフしかやらない」という方には全く必要の無いことかもね。

■ みちびき対応

準天頂衛星「みちびき」対応で、測位精度がより向上。

博士博士

とはいえ、どのくらい精度が上がったのか素人にはわかりませんね。メーカーの言葉を信じて「誤差が減少した」という認識でいいかも。

まとめ

こうしてみると、YGN6200はGPSゴルフナビの機能を全て搭載した機種といった感じです。
いままで、腕時計のナビとかシンプルタイプのナビなどを使ってきましたが、やはり一長一短はありました。
高低差計測があったらな~とか3点間距離表示があれば~など、これら全ての機能がYGN6200には搭載されているようです。

価格も8月現在、発売してから間もないこともあり、楽天でもamazonでも21,600円での販売でした。
YGN6100も現在は18,000円程度ですが、発売当初は2万円を超えていました。
それを考慮すると、YGN6200の価格は機能からすると、かなりコスパが高いと思います。